2010年 05月 24日 ( 1 )

 

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方 編6

<Q1> 私は、4月1日に転勤をしましたが、年金の通知書には、「資格を喪失したため、年金の支給を開始しました」、「資格を取得したため、年金の支給を停止しました」と記載されていています…

 <A1> 転勤により厚生年金保険の適用事業所が変わると、厚生年金保険の資格をいったん喪失し、同日に再取得したということになります 同日に喪失と取得した旨の記載があれば、新しい適用事業所にて厚生年金保険に加入したことにより、在職老齢年金の仕組みが適用とされ、今回の支給額変更通知書は、年金の支給が停止となる旨の通知となります

<Q2> 年金事務所から、学生時代の国民年金の支払い用紙が届きましたが、いっしょに入っていたハガキは、何でしょうか(支払の際などに使用するものか)?

 <A2> 納付書とともに送られてきたのは、おそらく「国民年金保険料追納申込承認通知書」かと思われますが、このはがきは、追納に係る納付書の申し込みに対して、承認された期間及び追納金額が載っているものです 支払いの際には納付書を使用します

<Q3> 年金の請求書において、配偶者が年金を掛けたことが無い(外国に住んでいる)ため基礎年金番号が無い時は?

 <A3> 年金の番号が無い時は、空欄のままで構いません

by nenkin-matsuura | 2010-05-24 01:26 | ねんきんFAQ  | Trackback