2010年 01月 12日 ( 1 )

 

ねんきんFAQ 年金額 編6

<問1> 先日、TVで見たんですけれども若い奥さんを持ったほうが年金が多くなるのですか?

 <答1> 加給年金額については、確かに年の差があるほど長く受給できるということになります 受給には厚生年金保険を20年(240月)以上かけているなどの要件があります なお、配偶者加給年金は夫でも妻でもその対象となるため、逆に若い旦那さんでもOKということになります

<問2> 国民年金の半額免除と4分の3免除ではもらえる年金額はどう違うのですか?

 <答2> ひと月分で例えると、平成21年4月以降の期間については、半額納付した場合は、1650円×4分の3=1,238円年金額がUP、4分の3免除で4分の1納付した場合は、1650円×8分の5=1,031円年金額がUPします なお、平成21年3月までの期間は、半額納付した場合は、1650円×3分の2=1,100円年金額がUP、4分の3免除で4分の1納付した場合は、1650円×2分の1=825円年金額がUPします

<問3> 在職中は年金額を減らされるので、受給手続を後からした方がよいのでしょうか?(61歳・会社員)

 <答3> 後から手続きをしても、厚生年金保険に加入していた期間については、在職老齢年金の仕組みによって調整された年金額となります  

by nenkin-matsuura | 2010-01-12 00:29 | ねんきんFAQ  | Trackback