年金の通知書のあれこれ

年金受給者となると様々な通知書が送られてきます

年金の裁定請求が無事終わったら…「年金証書」が送られてきます。これは、年金受給権の権利証(あかし)のようなものです。2つ折りになっています。

初回の振込の日付金額が決まったら…「年金振込通知書」が送られてきます。これは、実際に入金になる額と日付が記載されています。毎年ちょうどこの6月の時期にも送付されてきます。ハガキサイズ大です。

額が変わったら…「裁定通知書・支給額変更通知書」が送られてきます。これは、退職して年金額の改定があったときや、ボーナスが支給されて在職老齢年金の額が変わったときや、65歳になったときなどに送付されてきます。薄紫がかった用紙です。

1月半ば以降は…「公的年金等の源泉徴収票」が送られてきます。これは、前年中に支払われた年金額や所得税額などが記載された用紙で、確定申告時などで使用します。ハガキサイズ大です。

年金額の改定が行われた年は…「年金改定通知書」が送られてきます。年金額が(全体的に)変わった年の6月に年金振込通知書と一緒に送付されてきます。18年6月より後は送付されていません。ハガキサイズ大です。

by nenkin-matsuura | 2009-06-16 00:57 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/9866167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第64問 ねんきんFAQ 遺族年金 編5 >>