合算対象期間(国民年金の任意未加入期間編)

昭和61年3月31日までの厚生年金保険や共済組合などの被用者年金制度の加入者の配偶者などは、国民年金に任意加入できましたが、その任意加入しなかった期間(加入して未納の期間を含む)は合算対象期間(カラ期間ともいいます)とすることができます
国民年金に任意未加入でよかった期間をまとめると、
◎昭和36年4月から昭和61年3月まで(20歳以上60歳未満の期間)は、
・被用者年金制度の加入者の配偶者
・被用者年金制度の老齢・退職年金の受給資格期間満了者及びその配偶者
・被用者年金制度の老齢・退職年金の受給権者の配偶者
・被用者年金制度の障害年金の受給権者及びその配偶者
・被用者年金制度等の遺族年金受給権者
◎昭和36年4月から平成3年3月まで(20歳以上60歳未満の期間)は、
・学生であった期間
◎昭和36年4月から昭和56年12月まで(20歳以上60歳未満の期間)は、
・日本に帰化した人、永住許可を受けた人などの在日期間
◎昭和36年4月~(60歳未満の期間)
・被用者年金制度の老齢・退職年金の受給権者
・日本人の海外在住期間
等があります
上記のような国民年金の任意未加入期間は、老齢基礎年金の受給資格期間には入りますが、カラ期間とされるので年金額には反映されません
カラ期間を証明できる書類として、卒業証明書・在留証明書・戸籍謄本(改製原)・年金証書・年金加入期間確認通知書・法務省の出入国記録などがあります

by nenkin-matsuura | 2009-05-25 00:44 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/9771529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金アドバイスv(∩.∩)v 66 ねんきんQuiz-第61問 >>