企業年金連合会 老齢年金裁定請求書

d0132289_220892.jpg厚生年金基金のある会社に勤めていた人が企業年金連合会へ老齢年金を請求する時の用紙です

上部
氏名・フリガナ・押印・電話番号・郵便局または金融機関の通帳番号を書き、窓口で証明印をもらいます
(銀行等の口座番号が7桁に満たない場合は前に0(ゼロ)を付けます)

d0132289_2211965.jpg下部
※基礎年金番号・性別・生年月日・住所があらかじめ印字されているので異なる場合のみ記入します(宙に浮いた番号が基礎年金番号とされている場合もあります)

下の欄には企業年金の名称・加入員番号・加入期間があらかじめ印字されています
他の企業年金に加入していたことがあって、記載されていない時はわかる範囲で名称等を記入します
一番下には繰下げの希望欄があります 希望する場合はチェックを入れ日付は65歳到達月等を記入します

by nenkin-matsuura | 2009-05-22 22:29 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/9762080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ちょっと振り返ってみたり。 ねんきんFAQ 書類の見方・書... >>