年金アドバイスv(∩.∩)v 52

◇ 特別支給の老齢厚生年金の長期加入の特例、障害者特例

定額部分を前倒しで受給できる、長期加入の特例(ちょっとお得な年金情報 受給者編その)と障害者特例(ちょっとお得な年金情報 受給者編その)はお得です
受給するためには、それぞれ注意点もあります(・・?

長期加入の特例は、528月以上となって退職してもすぐには特例とならず、翌月からとなります(例えば3月31日退職の場合4月1日が喪失日となりその翌月の5月からが特例の対象となります さらに、実際の入金日はそのまた先です) あと、加給金の対象者がいる場合は、「生計維持申立書」の提出が必要になる場合もあります

障害者の特例は、「特別支給の老齢厚生年金受給権者障害者特例請求書」の提出が必要です 障害の状態が永久固定の場合は診断書は不要ですが、未固定・有期固定の場合で次回診断書提出までに1年未満の場合は診断書の添付が必要です

by nenkin-matsuura | 2009-02-02 20:59 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/9285606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ブログ de 健康保険 23 「アロマディヒューザー」(雷火付き) >>