戦時中の年金(船員保険の戦時加算)

おもに太平洋戦争中、この間の船舶にも年金(船員保険)が適用されていました
航海した場所や時期によって船員保険には「戦時加算」という制度が設けられています

昭和16年12月8日から昭和18年12月31日の間は、実期間の被保険者月数に3分の1を掛けた期間が戦時加算となります(対象は、太平洋とインド洋)
昭和19年1月1日から昭和21年3月31日の間は、実期間の被保険者月数を2倍した期間が戦時加算となる海域(太平洋とインド洋)と1倍した期間が戦時加算となる海域(日本海、渤海)に分かれます

年金証書の真ん中あたりを見ると「船保戦時加算」という欄がありますので、月数を確認することができます

by nenkin-matsuura | 2008-12-16 21:32 | 年金 あれこれ | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/9070955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Pharmacies at 2019-03-25 14:37
タイトル : pharmacie
戦時中の年金(船員保険の戦時加算) : 松浦貴広のねんきんブログ... more

<< help-障害年金の手続き 第26回 年金アドバイスv(∩.∩)v 46 >>