φ(.. )書類の書き方 二十六

〆(.. )公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
φ(.. )書類の書き方 二十六_d0132289_1916193.jpg
このハガキを出すことによって各種控除を受けることができます
※ ハガキの面面には、昨年と比べて「変更なし」、「変更あり」を確認する欄があります
なお、初めてハガキが送付されてきた方(老齢厚生年金をもらい始めた年の方)は、変更の有無を問う欄はありません

黄色の枠
 必ず記入する欄
 氏名・押印・フリガナ・生年月日・電話番号を記入します
紫色の枠
 ハガキ表面で「変更あり」にチェックを入れた場合にのみ記入する欄
 扶養親族等が増えた場合は、その人の氏名・続柄・生年月日・同居か別居か・障害・所得の種類、金額を記入します
 逆に扶養親族がいなくなった場合は、なにも記入しなくてよいです(変更ありだが、扶養親族がいなくなった場合など)
 ※一番下の摘要欄には、身体障害者手帳の級や交付日を記入します
  また、扶養親族で住所が別の人がいる場合は、その住所を記入します

ハガキ右上の日付の記入を忘れないように
なお、写真の様式は、社会保険事務所に備えられている様式ですので、実際送付されてくるものとは少し違います


  
 

by nenkin-matsuura | 2008-11-24 19:36 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/8968520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんFAQ 扶養親族等申告書 紅葉第2弾 >>