ちょっとお得な年金情報 被保険者編その27

“老齢基礎年金を満額以上にもらう方法”

1階の部分にあたる「老齢基礎年金」は、在職老齢年金の対象とならない、遺族厚生年金と併給できるなど様々なメリットがあります
老齢基礎年金は満額で(480月掛けて)年792,100円となっています 
なるべく満額に近くなるようにかけたいものですが、天井である満額以上に増やす方法も存在します
老齢基礎年金を満額以上に増やすには、
①付加年金を掛ける
②老齢基礎年金を繰下げる
③振替加算をつける(老齢基礎年金にプラスされる形でつきます)
などがあります

①は第1号被保険者限定ですが、通常の保険料に400円を上乗せして掛けます
②は、特別支給の老齢厚生年金の受給者の場合、65歳時に送付されてくる裁定請求書(ハガキ大)の繰下げ希望欄に丸を付けます 国民年金のみまたは厚生年金保険が11か月未満の場合は65歳時に手続きをせず66歳以降に手続きをします
③振替加算を付けるには、配偶者が厚生年金保険や共済年金を20年以上かけている必要があります(※老齢基礎年金自体が増えるのではなく老齢基礎年金に上乗せの形で振替加算はつきます)

通常は上限がある「老齢基礎年金」ですが、上記のように、上限以上に増やすお得な方法も存在します 

by nenkin-matsuura | 2008-10-07 20:59 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/8730233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金加入記録について その25 年金アドバイスv(∩.∩)v 38 >>