人気ブログランキング | 話題のタグを見る

年金加入記録について その24

標準報酬月額について年金加入記録について その24_d0132289_2012326.jpg
厚生年金額の計算には標準報酬月額(月給)を用います
平成20年9月現在厚生年金保険の標準報酬月額は30等級となっています
厚生年金保険が始まった昭和17年当初は15等級で、10円から150円の10円刻みでした
年代ごとに月額および等級の数も変動してきました
いちばん等級数が多かったのは、昭和51年8月から55年9月までの間で、最低3万円~最高32万円の36等級となっていました
変動が激しかったのは昭和23年7月までと昭和23年8月からの差です 23年7月までの最高等級は600円でしたが、8月からは最高等級が8,100円となり13.5倍となっています
現在と同じ等級数(厚生年金保険)の30等級となったのは、平成12年10月からです

標準報酬月額が高ければ、厚生年金の額も大きくなりますが、支払う保険料の額も大きくなってしまいます

by nenkin-matsuura | 2008-09-03 20:44 | 年金加入記録 | Trackback  

<< ブログ de 健康保険 16 ちょっとお得な年金情報 被保険... >>