年金アドバイスv(∩.∩)v 22

◇ 日本鉄道共済組合の遺族年金の請求

国鉄(JR)は以前は共済年金でしたが、現在は厚生年金保険の扱いとなります
もし、受給者が亡くなられて遺族年金が発生すれば基本的には社会保険庁から「遺族厚生年金」として、遺族の方に支払われます
しかし、昭和31年6月以前の期間がある場合は、当該期間は鉄道共済組合より「遺族共済年金」として、遺族の方に支払われます

昭和31年6月以前の期間を旧制度期間といいます(‥?)
退職年金は、旧制度期間も含めて社会保険庁から年金が支払われますが、本人が死亡して遺族年金となると、旧制度期間を切り離して日本鉄道共済組合より、遺族共済年金が支払われます(昭和31年7月以降の期間分は社会保険庁から遺族厚生年金が支給されます)

なお、旧国鉄で昭和31年6月以前の期間は「ねんきん特別便」には記載されませんが、退職年金額には反映されています(^-^ゝ

by nenkin-matsuura | 2008-05-28 21:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/7992225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんFAQ 年金時効特例法 編 φ(.. )書類の書き方 八 >>