「脱退手当金」について その1

「脱退一時金」については、現在はなく、昭和16年4月1日以前生まれの方に限って、経過措置が設けられています 
「脱退手当金」を受給した期間は、ねんきん特別便にも記載されます(基礎年金番号に統合されている場合)

要件は原則として、厚生年金保険の被保険者期間が5年以上あり、老齢厚生年金の受給資格を満たすことなく退職した60歳以上の方です

ただし、
①障害年金の受給権があるとき
②すでに支給された障害年金または障害手当金の額が脱退手当金の額を超えているとき
③旧船保法による脱退手当金は、現に傷病手当金または失業保険金を受けているとき
は受給できません

支給額は、
被保険者期間の平均標準報酬額(再評価は無し) × 乗率 です

給付乗率や特例等については、次回(「脱退手当金」について その2)説明予定です

by nenkin-matsuura | 2008-05-20 20:45 | 年金 あれこれ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/7940470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< φ(.. )書類の書き方 七 ブログ de 健康保険 11 >>