ねんきんnews 2008年4月号

 政府の社会保険庁改革で、社保庁が日本年金機構へと衣替えすることに伴う、人員削減計画案が9日、明らかになった。

2005年度末に、約2万3800人いた、社保庁職員を段階的に減らし、2014年度をめどに職員数を1万4800人まで削減を目指す 年金業務は外部委託を推進する

日本年金機構は平成22年1月より発足予定、職員は民間人となり、サービスの向上を徹底する 今年の10月からは全国健康保険協会が発足する

by nenkin-matsuura | 2008-04-09 20:10 | ねんきんnews | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/7670718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきん豆知識⑮ 年金アドバイスv(∩.∩)v 17 >>