年金アドバイスv(∩.∩)v 14

◇ 3号特例
3号特例とは、3号の届け出漏れがあった場合に2年以上さかのぼって3号被保険者となることができる制度です☆彡

3号特例が発生するケースとしては、
・健康保険の扶養の届け出は出ていたが、年金(3号)の扶養の届け出が出ていなかった
・3号の妻が、生命保険会社で短期間働いてその間厚生年金保険となり、3号と重複して加入した
・3号被保険者の配偶者が転職した際、間が空いておりその間3号に入ったままとなっていた

これらの期間がある場合は届け出を出せば〆(.. )さかのぼって3号の期間とすることができます

注意事項として、3号特例届は提出月の翌月から適用となるので60歳までに提出しておきたいところです(^_^; 年金の受給資格期間基礎年金の額にかかわってきます
3号特例届に添付する書類としては戸籍謄本・世帯全員の住民票・本人の所得証明書(当時の年中のもの、取れなければ今取れる一番古い年中のもの)です

by nenkin-matsuura | 2008-03-18 21:56 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/7514161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金アドバイスv(∩.∩)v 15 ねんきんFAQ 厚生年金保険の... >>