人気ブログランキング | 話題のタグを見る

障害年金の手続・仕組みなど 第198回(過去分は最大5年分まで)


◆ 過去分は最大5年分まで


障害基礎年金や障害厚生年金の障害認定日による請求を行った場合、過去分は最大5年分まで受給することができます。(障害認定日より5年以上経過しているケース)

障害認定日による請求を1年以上さかのぼって行うには、請求日前3か月以内の診断書のほかに、障害認定日より3か月以内の現症を記した診断書なども必要となります。

ほかには、請求事由確認書や遅延に関する申立書なども添付する必要があります。

by nenkin-matsuura | 2023-08-25 00:05 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

<< 夢の記憶シリーズ「毛の感じ‥」 ねんきんQuiz-第772問(... >>