人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夢の記憶シリーズ「百貨店にバッグを預けたけど、記憶が…」



百貨店でお買い物。
購入した商品をまとめてスポーツバッグに入れる。
しかし、重すぎて、その日は百貨店1階の係員の女性にバッグを預けて帰る…

(2週間後…)

百貨店に荷物を預けていた記憶があったので、知人と一緒に取りに行く。
上のフロアで催し物があり、まずそれを見に行く。
エレベーターで6階へ降りると、そこは細長いスペースで、壁だけしかない。
閉塞感が半端なく、すぐにエレベーターの↑ボタンを押し、7階へ移動。(1階だけなのにエレベーターを使って申し訳なく感じる。)
7階は混みあっていた。
バッグを預けていたことを近くにいた店員さんに話しているうちに、気づいて…「あっ、1階ですよね~」と1階へ引き返す。(少し恥ずかしい)

1階の総合案内の女性に「先日はどうも」とあいさつをされるも、記憶がなく、軽く会釈をし、バッグが保管されているセレクトショップへ向かう。(少し恥ずかしい×2)
「これですか?」とバッグを次々に見せてもらってけど、「?…」、記憶がない。
ブーツを買った記憶があったので、バッグの中身を見せてもらうと、カレンダーが出てきて、その表紙に自分の苗字が書かれていた…(なぜ、カレンダーにサインをしているんだ…)

(夢か…、2週間前にカレンダーを買ったのは確かだけど…。)





by nenkin-matsuura | 2022-01-08 11:17 | ねんきん以外で | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/29049016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 地理の豆知識 「カッパドキア」 ブログ de 健康保険 174... >>