国民年金基金の遺族一時金


■ 国民年金基金の遺族一時金


国民年金基金の終身年金A型と確定年金Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型の加入者が死亡の場合には、遺族に対して遺族一時金が支払われます。

年金を受け取る前の死亡の場合は、加入時の年齢、死亡時の年齢、死亡時までの掛金、納付期間に応じた額の遺族一時金が支給されます。
また、保証期間中に死亡の場合は、残りの保証期間に応じた額の遺族一時金が支給されます。

なお、保証期間のない終身年金B型のみに加入していて、年金を受給する前に死亡の場合は、1万円の一時金が遺族に支払われます。

遺族一時金の対象となる遺族は、①配偶者②子③父母④孫⑤祖父母⑥兄弟姉妹の順です。


by nenkin-matsuura | 2019-11-22 00:15 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/27872259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 花言葉(7度目の秋編) 年金アドバイスv(∩.∩)v ... >>