ねんきんFAQ 併給調整(選択)編21


<Q1-1> 障害者特例をもらっていましたが、65歳以降はどうなりますか?

 <A1-1> 一番多いのは、障害基礎年金+老齢厚生年金の組み合わせです。

<Q1-2> 障害基礎年金と老齢厚生年金をもらいたいのですが、手続きは?

 <A1-2> 障害基礎年金が停止になっていたため、医師からの診断書が必要です。年金受給選択申出書と年金請求書(ハガキ)の提出も必要です。

<Q2> さかのぼって障害者特例の請求をしたいです。(障害厚生年金3級を受給中)

 <A2> 61歳にさかのぼって、請求可能です。失業保険をもらっていた期間や厚生年金保険に加入中は障害厚生年金を選択、それ以外は障害者特例のほうが多いようです。(さかのぼって障害厚生年金との差額が支給される。)

by nenkin-matsuura | 2018-08-13 00:26 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/27050808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金請求書(国民年金・厚生年金... 雲(8月12日) >>