障害年金の手続・仕組みなど第137回(障害年金を代理人が請求するとき)

◆ 障害年金を代理人が請求するとき


障害基礎年金や障害厚生年金を家族などの代理人が請求することもできます。

本人が委任状を書ける場合は、本人からの委任状が必要です。
また、委任状を書くことができないなどの事情があるときは、身体障害者手帳や施設入所や病院に入院してることがわかる施設長などからの証明が必要です。

書類については、病歴・就労状況等申立書やその続紙などについて、代理人が代筆した場合は代筆者の氏名や続柄などを記入します。

なお、代筆の場合は、押印が必要になります。

by nenkin-matsuura | 2018-02-16 00:16 | 障害年金の手続・仕組みなど  

<< そだねー。 年金アドバイスv(∩.∩)v ... >>