年金アドバイスv(∩.∩)v 475(長期加入者の特例の受給者が65歳になった場合)

◇ 長期加入者の特例の受給者が65歳になった場合


厚生年金保険に44年(528月)以上加入し、資格喪失の状態だと、長期加入者の特例により、報酬比例+定額部分+加給年金額を受給することができます。ヽ(・∀・)ノ

長期加入者の特例を受給するには厚生年金保険の被保険者ではないことが条件の一つですが、65歳以降は長期加入者の特例がなく、老齢厚生年金と老齢基礎年金が支給されるようになります。(65歳以降は厚生年金保険に加入しないという条件はなくなる。)

なお、厚生年金保険の被保険者となると、在職老齢年金の仕組みが適用されます。

by nenkin-matsuura | 2017-11-09 00:05 | 年金アドバイスv(∩.∩)v  

<< ブログ de 健康保険 128... ねんきんQuiz-第476問(... >>