歴史の豆知識 「ブランデンブルクの奇跡」

d0132289_21402446.jpg

          七年戦争のさなか、ベルリンにロシア軍が迫り、
          プロセインは瓦解寸前まで追い込まれた。
          このとき、ロシアの女帝エリザヴェータが亡くなり、
          跡を継いだピョートル3世が
          プロセインのフリードリヒの崇拝者だったために
          ベルリンから一方的に兵を引いたそうな。
          この戦争でフリードリヒ2世は、
          プロセインの地位を不動のものとした。

by nenkin-matsuura | 2017-09-18 21:54 | ねんきん以外で | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/25649551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんFAQ 扶養親族等申告... 何スタン? >>