ちょっとお得な年金情報 受給者編その79(障害者と長期加入者の特例の経過措置)

゛障害者と長期加入者の特例の経過措置”


平成28年10月1日より、一定の要件を満たせば、短時間労働者も厚生年金保険の被保険者となるようになっています。
特別支給の老齢厚生年金の受給者で、障害者特例や長期加入者の特例により年金を受給している者が厚生年金保険の被保険者となると、定額部分や加給年金額は停止となりますが、一定の要件を満たしたうえで定額部分及び加給年金額の解除の届出を行うことができます。

なお、届出の提出にあたっては、「平成28年9月30日以前から引き続き勤務していることを明らかにすることができる書類(給与明細者や雇用契約書)」または「28年9月30日以前から引き続き勤務していることについての事業主の証明書(届出書にある事業主の証明欄)」を添付します。

by nenkin-matsuura | 2016-10-25 03:29 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/23573666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第422問(... ねんきんFAQ 繰下げ編15 >>