障害年金の手続・仕組みなど第117回(病歴・就労状況等申立書と初診日)

■ 病歴・就労状況等申立書と初診日


病歴・就労状況等申立書は自覚症状が現れた発病日からの経緯を記入し、初診日の欄については、通常、受診状況等証明書や診断書に記載の初診日を記入します

ただし、
・健康診断で異常が発見され療養に関する指示を受けた場合は健康診断日
・生来性の知的障害(精神遅滞)の場合は出生日
を初診日の欄に記入します

なお、病歴・就労状況等申立書の記入に当たって、1つの期間が5年を超える場合は、その期間を3年~5年ごとに区切って記入します

by nenkin-matsuura | 2016-07-29 02:06 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/23340368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< カスタードメロンパン 年金アドバイスv(∩.∩)v ... >>