地理の豆知識 「サマルカンド」


d0132289_12284575.jpg
 
          遊牧国家的分封制度に基づくティムール朝は、政治的に常に分裂傾向
          にあり、15世紀後半にはサマルカンドとヘラートの2政権に分裂した
          その後首都サマルカンドは世界屈指の国際都市へとして繁栄
          歴代君主は学芸を保護し、細密画、トルコ語文学、暦法、天文学などを
          特徴とするトルコ・イスラム文化を開花させた
          幾何学模様のブルータイルが青空に映えるサマルカンドは、
          その美しさから「イスラム世界の宝石」と讃えられる

by nenkin-matsuura | 2016-01-17 12:37 | ねんきん以外で | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/22784949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんFAQ 遺族年金編23 パソコンが…おかしいな >>