年金アドバイスv(∩.∩)v 370(年金額が高い方を選択する場合)

◇ 年金額が高い方を選択する場合(年金受給選択申出書)

特別支給の老齢厚生年金と遺族厚生年金など違う種類の年金の受給権があるときは、そのどちらか一方を選択する必要があります(65歳以降を除く)

選択の際には「年金受給選択申出書」を記入しますが、その方法としては…
・ ア 国から支給される年金額を比較して、年金額が高い方を選択する
・ イ 選択する年金を具体的に指定する
の二通りがあります

例えば、
特別支給の老齢厚生年金が年300,000円(基金なし)、
遺族厚生年金が年1,200,000円の場合、
アの国から支給される年金額を比較して、年金額が高い方を選択するに丸を付けたときは、
年金受給選択申出書の③選択する年金の年金証書の年金コードの欄は「1450」、
④選択する年金以外の年金証書の年金コードの欄は「1150」
と記入します(。ゝω・)ゞ

by nenkin-matsuura | 2015-10-29 00:09 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/22400889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 企業年金連合会からの未支給年金 ねんきんQuiz-第370問(... >>