企業年金連合会からの裁定請求書

■ 企業年金連合会からの裁定請求書

厚生年金基金に加入していた人は、支給開始年齢の到達月に、企業年金連合会から「企業年金連合会老齢年金裁定請求書」(緑色の封筒)が届くときがあります

裁定請求書には、基礎年金番号や住所などがあらかじめ印字されており、それに変更がなければ、氏名や口座番号等を記入します
添付書類としては、
① 住民票または戸籍抄本(発行日から6か月以内の原本)
② 基礎年金番号が記載された年金手帳の写しか、厚生年金基金加入員証の写し、年金証書の写しのいずれか1つ
③ 通帳の写し(または裁定請求書に金融機関からの証明印を押してもらう)

なお、裁定請求書が届かなかった場合などは、企業年金連合会への電話・インターネット・文書・来訪などによる方法にて裁定請求書の発行を受けることが可能です

by nenkin-matsuura | 2015-08-14 00:39 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/22020115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< あのロイヤル感は何処へ 年金アドバイスv(∩.∩)v ... >>