年金アドバイスv(∩.∩)v 324(基本手当の所定給付日数が残っているとき)

◇ 基本手当の所定給付日数が残っているときの年金との調整

雇用保険より基本手当を受給している間については、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となります(>ω<。)

もし、途中で失業給付を受給しなくなった場合は年金が支給されるようになりますが、基本手当の所定給付日数が残っているときは、受給期間満了(1年間)までは、失業給付が行われていないかを確認しながら年金を支給するため、3か月遅れの1月分ずつの年金の支給となります(厚生年金保険加入での再雇用を除く)

なお、雇用保険の受給期間は、原則として、離職した日の翌日から1年間です(所定給付日数330日の場合は1年と30日、360日の場合は1年と60日)

by nenkin-matsuura | 2014-12-11 00:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/21381455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんFAQ 障害年金の請求... ねんきんQuiz-第325問 >>