障害年金の手続・仕組みなど 第98回(病歴・就労状況等申立書を複数枚記入するとき)

◆ 病歴・就労状況等申立書を複数枚記入したとき

障害基礎年金や障害厚生年金を請求するにあたって、「病歴・就労状況等申立書」へは、障害の原因となった病気やけがについて、発病したときから現在までの経過を年月順に期間をあけずに記入をします

もし、病歴状況の欄について、欄が不足するときは「続紙」に続きを記入し、右上には枚数を1枚目は「№ 1 - 2 枚中」、2枚目は「№ 2 - 2 枚中」などとします

なお、請求する病気やけがが複数ある場合は、それぞれ用紙を分けて記入します(例えば、両変形性股関節症とうつ病など)

by nenkin-matsuura | 2014-11-17 00:28 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/21308317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金加入記録について その99 たまゆらの夕べ >>