年金アドバイスv(∩.∩)v 293

◇ 年金を請求する前に亡くなられた場合(未支給年金と加給金の過払い)

条件を満たせば、60歳から特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生しますが、請求する前に亡くなられた場合は、その配偶者などの生計を同じくしていた遺族に対して未支給の年金が支払われます(新たに特別支給の老齢厚生年金を申請し、同時に未支給年金も請求する)
また、第1号被保険者として36月以上国民年金保険料を納付していた場合、条件を満たせば死亡一時金が支給されます

しかし、死亡者が配偶者加給年金額の対象者となっていた場合は、死亡した月までで加給金は付かなくなります 届け出の遅れなどによっては、加給金が過払いとなってしまうこともあります(;´-`)

by nenkin-matsuura | 2014-05-07 00:23 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/20678541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第294問 R=500 >>