人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ねんきんFAQ 加入記録 編19

<Q1> 提出をしたいのですが書き方がわからなくて…(年金記録に関する紙台帳等の調査結果に対する回答書等)

 <A1> はい、「ア 裏面の内容のとおり、年金記録を訂正し、年金額を再計算する。」アに丸を付けて…住所氏名等を…、(お時間はかかりますが)60歳時にさかのぼって、その差額分が支払われます

<Q2> 数年前のねんきん定期便を見ていたら…国民年金しか載っていなくて…旧姓の○○の時に、A社とB病院に勤めて…厚生年金保険に加入しているはずですが…

 <A2> はい、厚生年金保険の番号が別番号になっており…基礎年金番号との統合が必要で、厚生年金保険の最後(喪失日)と国民年金の始め(取得日)が一致していて…つながった形になります

<Q3> 昭和58年4月1日から61年4月1日までが開いているようで…その間は主人の扶養になっていましたよ

 <A3> 扶養の記録である第3号被保険者がスタートしたのは昭和61年4月1日からで、その前、当時は任意加入できる期間となり、52年4月1日から任意加入をし、納付もされていましたが、58年4月1日まででその資格を喪失されており…61年3月までの期間は額の計算には入りませんが、期間の方にプラスされるカラ期間となります

by nenkin-matsuura | 2014-04-29 01:06 | ねんきんFAQ  | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/20630739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第293問 ねんきんnews 2014年4月号 >>