企業年金のポータビリティ

■ 企業年金のポータビリティ

「ポータビリティ」とは、持ち運びができるという意味で、企業年金の加入者が転職などで退職する場合、それまで加入していた企業年金の原資を転職先の企業年金制度に持ち運べることをいいます

平成17年10月から、確定給付企業年金、企業年金連合会を含め、企業年金制度間のポータビリティ制度が拡充されました ただし、厚生年金基金⇔厚生年金基金、確定給付企業年金⇔確定給付企業年金、厚生年金基金⇔確定給付企業年金の間は、移換先の企業年金が規約で年金原資を受け入れる旨を定めていることが必要で、また、確定拠出年金から厚生年金基金・確定給付企業年金への移換は認められていません

by nenkin-matsuura | 2013-12-13 00:22 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/20095796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< いろんな条約(たぶん、その⑫) 年金アドバイスv(∩.∩)v 272 >>