年金アドバイスv(∩.∩)v 264

◇ 70歳以降も在職する場合

厚生年金保険に加入している人が70歳になると、その資格を喪失し厚生年金保険料を掛ける必要はなくなりますが、引き続き在籍する場合は健康保険のみの加入となります
また、老齢厚生年金については、(昭和12年4月2日以降生まれで)70歳以降も厚生年金保険の適用事業所に在籍している場合は、在職老齢年金の支給調整の対象となります(*´;ェ;`*)

なお、調整の際は、65歳以上の在職老齢年金の支給調整の仕組みが適用されます(老齢基礎年金と経過的加算は調整の対象とならず、額に関係なく支給される)

by nenkin-matsuura | 2013-10-17 00:46 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/19832579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 障害年金の手続・仕組みなど 第... ねんきんQuiz-第265問 >>