ねんきんnews 2013年8月号

 厚生労働省は、自営業者などが加入する国民年金の保険料について、2015年10月から、過去に遡って納付できる期限(2年)を延長する方針を固めた。
 3~5年を軸に検討し、国民年金法改正案の早期国会提出を目指す。低迷する納付率を向上させ、低年金、無年金の解消につなげる狙いがある。
 

現在、過去にさかのぼって納付することができる期限は2年(後納制度を利用すれば10年)までとなっている

納付した保険料は、老齢、遺族、障害の年金の受給資格期間(保険料納付要件)に反映され、また、受給権がある場合は老齢基礎年金の受給額に反映されます

by nenkin-matsuura | 2013-08-26 00:21 | ねんきんnews | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/19532982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきん豆知識81 まばたき >>