ねんきんnews 2013年6月号

 専業主婦らの年金切り替え漏れ問題への対応や、厚生年金基金に解散を促すことを盛り込んだ年金制度改革関連法案が18日の参院厚生労働委員会で賛成多数で可決された。19日の参院本会議で可決、成立する見通しだ。切り替え漏れ対応では、過去にさかのぼって保険料を払える期限(現行2年)を2015年春~18年春に限り10年に延長する。既に年金を受給している人にも追納を認めるが、追納額が不十分なら10%を上限に年金をカットする。 

第3号被保険者からの切り替えもれにより未納となった期間は、年金額には算入されないが、年金加入期間に通算できるカラ期間とされることとなる

切り替えもれに対しては、保険者、事業所、被保険者が一体となった取り組みが望まれるところです

by nenkin-matsuura | 2013-06-24 00:20 | ねんきんnews | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/19042820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 船員保険年金番号証 静かにたたずむ巨石たち >>