日本・ブラジル間の社会保障協定について

■ 日本とブラジル間の社会保障協定

2012年3月1日より、日本とブラジル間の社会保障協定が発効されており、年金制度の二重加入の解消と、年金保険期間の通算が可能になっています

ブラジルへ一時的(原則5年以内)に派遣される人は、ブラジルの年金制度への加入が免除されます(日本の制度に加入) 免除を受けるには年金事務所へ申請し、「適用証明書」の交付を受ける必要があります

なお、ブラジルの年金については、年金保険料期間が15年以上ある場合、男性は65歳から、女性は60歳から受け取ることができます(平成25年現在) 日本在住者は年金事務所にて、ブラジル在住者はブラジル社会保障院(INSS)にて、裁定請求を行います

by nenkin-matsuura | 2013-05-13 00:15 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/18745409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 標準報酬改定請求書 (6) 自転車に乗って >>