年金アドバイスv(∩.∩)v 224

◇ 他の年金の管掌機関について(65歳時のハガキ)

特別支給の老齢厚生年金の受給(全額支給停止を含む)している場合は、65歳時に「年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」というハガキが封筒に入って送られてきます

65歳時に送られてくるハガキにより、繰下げの意思の有無を確認するものですが、繰下げの意思がない場合は上の方の枠内を記入します その中に「他の年金の管掌機関(制度名)と年金証書記号番号等」という欄があります 他の年金を受給している場合はその制度名(略称)と記号番号等(証書の番号)を記入しますが、他の年金を受給していない場合は当該欄は何も記入せずに提出します(・x・ )

例えば…
Bさん(65歳)、特別支給の老齢厚生年金(厚生年金基金を含めて)を受給中
繰下げの意思がない場合は、
住所・氏名・電話番号と右上の提出日を記入します(管掌機関と記号番号の欄は記入しない)

なお、厚生年金基金や個人年金などを受給している場合でも「他の年金の管掌機関(制度名)と年金証書記号番号等」は記入の必要はありません 共済組合などの年金を受けている場合にのみ記入します

by nenkin-matsuura | 2013-01-07 00:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/17576082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 国民年金保険料口座振替納付(変... 『ねんきんじゃないQuiz』-... >>