年金アドバイスv(∩.∩)v 212

◇ 「年金請求書」と「委任状」

60歳や65歳の前に送付される年金請求書(緑色の封筒)ですが、請求書の最後のページ(裏面)の下の欄は委任状も兼ねています(過去に送付されたものを除く)
年金事務所等に提出する際に、本人以外の代理人(妻や子など)が提出する場合は、この委任状の欄を記入しておく必要があります 別紙の委任状でもかまいませんが、あらかじめ項目が印字されているのでこの委任状を使用すると便利です

委任状には、代理人の氏名・続柄・住所と本人の基礎年金番号・日付・署名押印・生年月日・住所等を記入します 
また、下の「委任する内容」の欄は委任する事項をマルで囲みます

例えば、
特別支給の老齢厚生年金の請求と加入期間の確認と見込額の試算及びデータの提供を希望する場合は…
「1.年金の請求について」、「2.年金の加入期間について」、「3.年金の見込額について」の数字にマルを付け、データの交付について、「1.代理人に交付を希望する」にマルを付けます

なお、委任状にて代理人が提出する場合は、代理人自身の本人確認ができる運転免許証などが必要になります

by nenkin-matsuura | 2012-10-15 00:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/16992989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金加入記録について その74 くじゅう花公園 >>