年金アドバイスv(∩.∩)v 207

◇ さかのぼる年金、さかのぼらない年金

特別支給の老齢厚生年金など、受給権発生後、遅れて手続をした場合は受給権発生時に遡って(最大5年、時効特例を除く)年金が支払われます

一方、繰上げなどの場合は、その翌月分からの対象となり、遡っての繰上げとはなりません
(ノ゚□゚)ノ

例えば、
Cさん(昭和27年2月7日生まれ)、厚生年金保険を20月、国民年金を460月掛けている
Cさんが平成24年9月3日に特別支給の老齢厚生年金の裁定請求と繰上げ請求(全部繰上げ)を行った場合…
報酬比例部分は遡って24年3月分から支給され、繰上げた分は24年10月分からの支給となります

なお、遡る場合としては、老齢や遺族に係る年金を遅く手続きをした場合や、障害年金の障害認定日による請求の場合などがあり、一方、繰上げや繰下げなどの場合は、原則、その翌月分からの支給となります

by nenkin-matsuura | 2012-09-03 00:40 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/16738455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金加入記録について その73 ある晴れた日 >>