年金アドバイスv(∩.∩)v 196

◇ 65歳からの3つの選択

障害基礎年金と老齢厚生年金の受給権がある場合は、65歳からはその二つの年金を併給することができます
もし、障害基礎年金・障害厚生年金と老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給権がある場合は、3とおりの選択方法があります('-'*)

例えば…
aさん(65歳、今までは特別支給の老齢厚生年金を受給)、
障害基礎年金(786,500円)、障害厚生年金(700,000円)
老齢基礎年金(757,000円)、老齢厚生年金(900,000円)
の受給権があるとして、
・障害基礎年金(786,500円)+老齢厚生年金(900,000円)=1,686,500円
・老齢基礎年金(757,000円)+老齢厚生年金(900,000円)=1,657,000円
・障害基礎年金(786,500円)+障害厚生年金(700,000円)=1,486,500円
上記3つの選択方法があります

単純に多い方であれば、一番上の障害基礎年金+老齢厚生年金を選ぶこととなりますが、手続に関しては年金受給選択申出書を提出します(診断書等の添付が必要な場合もあります)

by nenkin-matsuura | 2012-06-13 00:46 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/16041938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第195問 障害年金の手続・仕組みなど 第68回 >>