年金アドバイスv(∩.∩)v 185

◇ 夫婦で年金相談

年金の裁定請求時において、配偶者がいる場合は、その番号等を記入しなければならないことがあります

例えば…
Aさん60歳、その妻58歳
Aさんの特別支給の老齢厚生年金における手続時において、年金請求書の10Pに配偶者の氏名・基礎年金番号を記入します
そこで確認をすると…妻の宙に浮いた記録が見つかり、記録を統合することとなりました

上記例は、妻(本人)がその場にいたことで、本人確認がスムーズに行われたケースとなります
夫婦の一方が初めて年金の裁定請求を行う際には、二人で年金事務所等の年金相談(年金見込額の算出、記録の確認)を受けるのもありだと思います(*゚.゚)(゚.゚*)

by nenkin-matsuura | 2012-03-19 00:55 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/15593677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきん豆知識63 気ままに出かけよう >>