障害年金の手続・仕組みなど 第63回

◆ 病歴・就労状況等申立書の記入ポイント (1)

・医学的、専門的に記入する必要はないが、請求者(代理人を含む)がわかる範囲で、できるだけ具体的に記入する

・請求する傷病名と相当因果関係のある傷病からの病歴を記入する(「糖尿病性腎症」で請求する際の「糖尿病」との関係など)

・(発病したときの状態)について、いつ、どのような自覚症状が現れたか、または何によって病気に気づいたかなどを記入する

・(発病から初診までの状態)について、その後医師の治療を受けるまでの症状は、どのような症状であったかについて記入する

・(発病から初診までの状態)について、発病後すぐ受診した場合はその旨を記入する

・(発病から初診までの状態)について、傷病の再発の場合は、最初の発病からの経過も記入する

by nenkin-matsuura | 2012-01-25 00:36 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/15323805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 遺族年金失権届 (下) ねんきんQuiz-第177問 >>