年金アドバイスv(∩.∩)v 175

◇ 「定額の(月数で計算)年金」と「報酬に比例(報酬と月数で計算)する年金

“特別支給の老齢厚生年金(老齢厚生年金)”は、二つの性質の年金から成り立っており、
加入月数で計算される定額部分と、給料(報酬)の額によって差が出る報酬比例部分があります

例えば、
Aさん、男子、昭和27年1月2日生まれ
Bさん、男子、昭和27年2月10日生まれ
がそれぞれ同じ期間厚生年金保険に加入したとすると…

定額部分の額は全く同じとなります
式は、「1,676円×月数×0.981」です(平成23年度額)

一方の報酬比例部分は、標準報酬月額や標準賞与額で個人差がでます
式は、「(平成15年3月以前の期間の平均標準報酬月額×1000分の7.5×平成15年3月以前の月数+平成15年4月以降の期間の平均標準報酬額×1000分の5.769×平成15年4月以降の月数)×1.031×0.981」です(平成23年度額)

なお、定額部分報酬比例部分に、配偶者や子の数に応じて加給年金額が加算されることもあります

by nenkin-matsuura | 2012-01-02 01:04 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/15205352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 『ねんきんじゃないQuiz』-... 2012年 スタートです >>