ちょっとお得な年金情報 受給者編その46

“坑内員と船員に対する戦時加算”

坑内員や船員であった期間に対して、年金額を計算する際に、実期間より多く期間を計算する戦時加算という制度があります

・坑内員の場合
昭和19年1月1日から20年8月31日までの間に坑内員であった期間について、実期間を3分の4倍した期間の3分の1の期間が戦時加算の期間となる

・船員の場合
昭和16年12月8日から18年12月31日までに、太平洋及び印度洋を主として航行する船舶に乗り組んでいた場合は、1月に対して3分の1を加算
昭和19年1月1日から21年3月31日までに、太平洋及び印度洋を主として航行する船舶に乗り組んでいた場合は、1月に対して2月を加算
昭和19年1月1日から21年3月31日までに、日本海及び渤海を主として航行する船舶に乗り組んでいた場合は、1月に対して1月を加算

なお、戦時加算により被保険者期間に端数が出た場合は、受給資格をみるときは切り捨てられ、年金額を計算する際には1か月に切り上げられて計算されます

by nenkin-matsuura | 2011-10-17 00:33 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/14770754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 老齢基礎・厚生年金支給繰下げ請... 彩り >>