国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (下部)

国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (下部)

国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (下部)_d0132289_0295712.jpg

備考欄については、
障害年金の受給権者ではなくなった場合や生活保護を受けなかった場合などはその旨を記入します
また、申請する年度又は前年度において、震災、火災その他これらに類する災害により住宅等に損害を受けた場合や失業したこと等により免除申請を行うときはその旨を記入します

一番下の枠内の「★(はい・いいえ)」欄において、承認された全額免除または納付猶予を翌年度以降も引き続き希望する場合は、「はい」をマルで囲むことによって、翌年度以降にあらためて申請を行う必要がなくなります
押印については、被保険者本人が自署する場合は、省略することができます

なお、全額免除または納付猶予が承認された期間、4分の1納付、半額納付または4分の3納付が承認された期間(一部納付が承認された月の保険料が納付済の場合に限る)は、10年以内であれば免除された保険料をあとから追納することができます

by nenkin-matsuura | 2011-09-13 00:43 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/14547747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 障害年金の手続・仕組みなど 第... 中国残留邦人等に対する特例 (... >>