めぐる風によろけても

d0132289_164983.jpg

「藤の牛島」駅を降りて、
なんかお肉屋さんを想像してしまう駅名だな、と歩くと、ペイントされた壁が続く 自転車置き場のようだがこういうのも面白い
壁のアート見ながら斜めカニ歩きで進み住宅街へ抜けたいが、横断歩道のない道路 右に線路があり車がいったん停止してくれるが、途切れず等間隔で車が来るため、わたるタイミングが難しい 大なわとびに入れない人状態になる、しかも炎天下
10分ほど歩くと、古河牛島公園が川沿いに広がる 右の方、線路をまたぐとその先にはまぶしいひまわり畑が この畑、若干緩めの迷路構造になっているらしい ひまわり畑でお気に入りの音楽を聴きながら歩くと、ゴロゴロゴロと、これはコーラスではないだろ、と向こうの空の色が大変なことになっていることに気づく トラウマの雷に出くわす前に、駅に向かって早歩きで帰る、夏の一幕 

by nenkin-matsuura | 2011-08-07 17:37 | | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/14296514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金アドバイスv(∩.∩)v 157 蒼い銀河の彼方に >>