障害年金の手続・仕組みなど 第57回

◆ 病歴・就労状況等申立書 記入例 うら下部 (糖尿病性網膜症)

d0132289_1543292.jpg

現在(請求日頃)の就労及び日常生活の状況について記入します
就労していた場合と就労していなかった場合とに分かれており、
①就労していた場合は、
ア.その通勤方法(バス、徒歩など)、通勤時間(約1時間など)、
イ.その出勤日数(請求日の前月10日、前々月約20日など)
ウ.どのような仕事をしていたか(店頭での接客など)
エ.仕事中、仕事終わりの身体の調子(だるい感じがしたなど)
②就労していなかった場合は、
ア.仕事をしていなかった理由について(ア)~(オ)にマルをつけます(複数可) 
イ.毎日どのように過ごしていたかについて(ア)~(オ)にマルをつけます
③は日常生活に不便を感じていたことについて記入します(「着替えに家族の手が必要だった」、「車の運転ができなかった」、「特になし」など)
また、
④は現在の受診状況について、受診している場合は、今月、前月、前々月の受診回数を記入します(入院中の場合は、「入院中」などでもかまいません)
一番下の枠外は、請求日、郵便番号・住所・氏名を記入します
なお、申立人が代理人の場合はその者の氏名を記入し、本人との関係の欄に妻・長男などと記入します

by nenkin-matsuura | 2011-07-09 15:43 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/14037144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ちょっと(´;ω;`)ウッ…な話 年金アドバイスv(∩.∩)v 153 >>