ブログ de 健康保険 52

★ 4月~6月までの給与が通常と著しく異なる場合の定時決定

平成23年4月から、定時決定における保険者算定の基準が追加されました

具体的には、
「当年の4、5、6月の月平均報酬額から算出した標準報酬額(通常の定時決定の方法)」と、「過去1年間(前年7月から当年6月までの間)の月平均報酬額から算出した標準報酬月額」の間に2等級以上の差が生じた場合であって、当該差が業務の性質上例年発生することが見込まれる場合が対象となります

届出方法としては、
算定基礎届の備考欄に“年間平均”と記入し、「業務の性質上例年見込まれるものである理由を記載した申立書(年間報酬の平均で算定することの申立書)(様式1)」、「被保険者報酬月額算定基礎届・保険者算定申立に係る例年の状況、標準報酬月額の比較及び被保険者の同意等(様式2)」などを添付します

by nenkin-matsuura | 2011-07-06 01:19 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/13994401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第155問 年金加入記録について その59 >>