老齢厚生年金裁定請求書(様式第233号) (始)

老齢基礎年金受給権者 老齢厚生年金裁定請求書 様式第233号 
1ページ目上部

d0132289_2512394.jpgこの様式を使用するケースとしては、「老齢基礎年金を繰上げ受給しているが、厚生年金保険の加入月数が12月未満である場合の65歳時」、「老齢基礎年金を受給しているが、65歳以降に厚生年金保険に加入した場合」、「老齢基礎年金を受給しているが、昔、加入していた厚生年金保険の記録が出てきた場合」などがあります

①の欄は、基礎年金番号と年金コード(老齢基礎年金は1150)
②の欄は、生年月日
③の欄は、老齢基礎年金の受給権を取得した日以降に国民年金や厚生年金保険に加入したことがある場合は、その名称(厚生年金保険など)及び期間
④の欄は、老齢基礎年金の受給権を取得した日以降に各種共済組合の組合員等となったことがある場合は、その名称(私立学校教職員共済など)及び期間
⑤の欄は、配偶者の年金受給について、受給している場合はその名称(国民年金など)及び基礎年金番号・年金コード
をそれぞれ記入します

by nenkin-matsuura | 2011-03-01 03:05 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/13019819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 35歳以降の坑内員・船員の期間の特例 年金アドバイスv(∩.∩)v 136 >>