人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ねんきんnews 2010年6月号 号外

 宇都宮市本町のカフェ「フルール・ブラン」で27日、年金に関する相談を受け付ける「年金カフェ」が開かれる。主催者は「精神疾患や病気で働けない人でも障害年金を受け取れることを知ってほしい」と話している
 障害年金は、20歳までに鬱病(うつびょう)などで通院歴のある人や統合失調症などに認定された人にも受給資格があるが、制度が浸透していないという。


20歳に達する前に初診日がある傷病で障害になり、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以降の場合は、その障害認定日)において、1級または2級の障害の状態にあるときは、障害基礎年金が受けられ、保険料納付要件は問われない また、20歳に達したときまたは障害認定日に障害基礎年金に該当する状態でなくても、65歳に達するまでに該当するようになれば、請求は可能(20歳前の傷病による障害基礎年金の事後重症による請求)

カフェ形式で気軽に年金の相談ができるのは非常に良いことで、制度の周知にもつながると思います

by nenkin-matsuura | 2010-06-28 00:27 | ねんきんnews | Trackback  

<< 地理の豆知識 「パラグアイ」 旧岩崎邸庭園 >>