ねんきんFAQ 加入記録 編10

<Q1> 「男性が第3号被保険者になれるの?」

 <A1> なれます 厚生年金保険(共済組合を含む)の被保険者(原則65歳未満)の被扶養配偶者(20歳以上60歳未満)は、国民年金の第3号被保険者となります 新聞等では、文字スペースの都合からか「専業主婦」とされることが多いですが、専業主婦でなくとも第3号被保険者となれます

<Q2> 記録の「+」と「$」の違いは?

 <A2> どちらも第3号被保険者の期間として扱われますが後者の「$」は『第3号特例納付』を指します これは、第3号被保険者としての届出を2年以上遅れて行い、認められた場合の期間となります ただ、障害年金等の保険料納付要件については、障害に係る初診日より後に第3号特例納付期間とされた場合は、その初診日以前においては未納期間として扱われるので要注意です

<Q3> 移管記録がありますとは?(被保険者記録照会回答票(資格画面)における、イカンー02)

 <A3> イカンー02であれば、それ以前の厚生年金保険の被保険者期間が共済組合(農林漁業団体職員共済組合)として扱われることを指します

by nenkin-matsuura | 2010-03-03 01:22 | ねんきんFAQ  | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/10825646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 第三者行為事故状況届 (1) ねんきん豆知識39 >>